バスト・豊胸・乳首

バスト・豊胸・乳首

バスト・豊胸・乳首

施術時間 1時間~1時間30分 麻酔 静脈麻酔
シャワー

翌日

施術後の通院 翌日と1週間後の抜糸
       
       

施術内容についてこちら

【昔のバッグのうわさ話】
豊胸手術でバッグと言うと取っ付きにくいイメージを持たれる患者様が多いんですがそれは昔のバッグをイメージされている患者様が殆どだと思います。確かに昔のバッグは【生理食塩水バッグ】と言って袋のなかに食塩水が入ったものしかなかったので使用
者の4割が破裂するという事例がありました。そのあとに出てきた【シリコンジェルバッグ】というシリコンジェルが中に入ったもので、破れに強い素材でしたが万一の事故等、鋭利なもので胸を突くような事があった場合、ジェルが流出してしまい身体に散らばったジェルを綺麗に取り除かなければいけませんでした。
かばしまクリニックで現在使っているバッグは絶対に破けないシリコンを使用しています。万が一の事故で鋭利な刃物で胸を突くような事があって膜が破れても中身が出ません。耐久性があるので一生物と考えて頂いて結構です。

【かばしまクリニックのこだわり1(バッグを入れる場所)】
かばしまクリニックではバッグを入れる場所にもこだわりがあります。皮膚の下に乳腺があってその下に大胸筋がありその下に肋骨があります。昔は大胸筋と肋骨の間を剥がし入れていました。そもそも元々くっついていた所なので人間の元通りになろうとする力によって固まってしまうのを避ける為、術後1年間ずっとマッサージをしなければなりませんでした。マッサージをしたのにもかかわらず固まってしまうことが殆どでした。ただ、いまだにこの施術方法をしている医院さんもあるようです。現在では乳腺と大胸筋の間に入れる方法があり、こちらの方がより自然な胸の仕上がりになります。ただ乳腺と大胸筋の間に入れてもバッグの拘縮という問題があります。拘縮とはバッグ自体を身体が異物と考え反応しガチガチに石灰化させてしまい、バッグ自体もイビツな石のようになる現象です。
そこでかばしまクリニックでは大胸筋膜下法と言って大胸筋には薄い膜が付いているのですがその間にバッグを入れるのです。乳腺の下で大胸筋の上、且つ大胸筋の筋膜の下にバッグを入れます。ここが最も拘縮が起こりにくい場所と言われております。実際、私、椛島かなこが大胸筋膜下法を行なってから一度も拘縮が起こった事例はありません。またマッサージも不要となります。

【かばしまクリニックのこだわり2(患者様それぞれのオーダーメイド)】
またかばしまクリニックではバッグの銘柄にもこだわりを持ち、一番すぐれていると思われるバッグ(アラガン社)を使用しています。昔はバッグの形はおわん型のものしか無かったのですが、最近はより自然な仕上がりを期待できる、アナトミカル形(解剖学的)という身体の形に沿ったものが主流です。かばしまクリニックの場合、患者様のなりたい胸を十分にお聞きし患者様によって一つ一つバッグをオーダーメイドで発注しております。またバッグを入れる場所にもこだわりがあります。他院の症例写真でもよく見られるのですがバッグが上部で止まっている状態で下部までしっかり入っていない症例写真も見受けられます。その場合、どうしても乳首が下に向いてしまい、不自然な仕上がりになります。(しっかり下部まで入れるのが難しいのです。)
ただ胸が大きるなれば良いという考えではなくいかに大きく、綺麗に自然で女性的な胸を作ることができるか女医ならではの感性で仕上げていきます。またカップ面でのバッグ豊胸の良い所として、脂肪注入での豊胸では1~2カップが限界ですがそれ以上を希望される場合バッグでの豊胸が有効となります。まっ平らの胸の方でも自然でボリューム感ある胸に仕上がります。傷跡についてもワキのシワに入りますので分かりづらくなります。


豊胸の静脈麻酔は施術が終わってから2、3時間はまだ頭がぼーっとした状態になりますので医院で2、3時間休んで帰って頂いております。
3日間は胸周り(大胸筋)の筋肉痛が伴います。その影響で腕が上がりにくく、寝返りをうつ時などの動作の際、軽く痛みが伴う事があります。また翌日に必ず来院して頂く必要があります。


静脈麻酔で寝ている間に施術します。

このページを見たお客様は他にこの様な施術をご覧になっています。


バスト・豊胸・乳首症例写真

症例写真全てかばしまクリニック院長、椛島かなこが施術したものです。
かばしまクリニックで行う施術はカウンセリングから施術まですべて院長である【椛島かなこ】が行います。
また症例写真は一切、画像編集ソフト等で加工しておりません。